医療版失敗学研究会

アクセスカウンタ

zoom RSS 理不尽な注意だと思うことについて、皆さんどう感じていますか?

<<   作成日時 : 2012/03/16 12:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

何か事故があったとき、先輩などから注意をされて

「本当に私が怒られるべきことだったの?」
「こんなことを言われたけど・・・本当にそれって患者様・患者様家族のためになるの?」
「注意された理由や改善案がどうしても納得できない・・・。私は看護師に向いていないのかな・・・。」

こんなことを感じたことのある人はいませんか?

注意されたことを理不尽だと感じても、「何を理不尽だと感じたのか、どこが腑に落ちなかったのか」を具体的に表現できないことは結構あると思います。
その原因として、

・他の病院は、今回起こったような事故を防ぐために、どういうシステムが組まれているか知らない。そのため、具体的に今後どうすれば良いのか思いつかない。

・感情が入ってしまい、事故をうまく客観的に見つめることができない。

・なぜ事故が起こってしまったのか真の原因がわからない

・親しいベテランの医療従事者がいないため、誰に相談していいかわからない。そのため自分の主張に自信が持てない。

などなど

いろいろな問題点があると思います。


病院に勤めていると、研修会や他院見学などに参加しない限り、他の病院がどのような仕組みで業務を行っているかということを知る機会はあまりないですよね。
さらに、研修会などに参加したくても、なかなか時間がない・・・という問題もあると思います。
また、事故の原因について、なかなか自分で考えても改善案が浮かばず、だれに相談したら親身になって話をしてくれるのかということもわかりにくいことが多いと思います。

医療版失敗学研究会は、上記の具体的に挙げた問題点をクリアしています。

研究員は医療従事者であるうえ、ベテランと呼ばれる方もいらっしゃいます。研究会のメーリングリストを活用することで、自分の都合の良い時間に、研究会会員へ相談することができます。そして、事故を研究員と濱口教授に相談することにより、真の原因が見えてきます。



さて、明日は第6回医療版失敗学研究会です!
今回はどんな議論が交わされるのか・・・
ブログ更新をお楽しみに!

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
理不尽な注意だと思うことについて、皆さんどう感じていますか? 医療版失敗学研究会/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる